皆さん、こんにちわ!

  私たち夫婦は日本絵手協会公認講師の「大月昭和・大月ユキ」です。

このお粗末なH/Pは後期高齢者になってから挑戦、女性PC講師から喫茶店で、 コーヒー飲みながら指導を受け、2日間、計5時間で作成したH/Pです。

 

 2023年8月31日、私たち夫婦が数十年間、師事、絵手紙の創始者、日本絵手紙協会名誉会長小池邦夫先生が突然逝去され、令和5年は本当に悲しい年になってしまいました。

 しかし、本年は気を取り直して「絵手紙を通して”かき方”より”生き方”を実践しながら、多くの人と繋がり、これからの老後人生を豊かにして、幸せになること」を目指し、小池先生の絵手紙精神を伝えて行こうと思っています。

  

しかし、2022年2月24日から始まった「ロシアによるウクライナ侵攻」、2023年10月7日に勃発したイスラエルとパレスチナ戦争。 加えて、コロナ禍が完全に収まらない中の政治の混乱と2024年元旦に発生した能登半島大地震、2日の羽田空港でのJALと海保幾接触炎上事故。 本当に、日本中が新年早々から、暗くて、優鬱な世の中なってしまいました  

 

 『生老病死』、 人は、どんなに高い地位や権力やお金があっても、何時かは必ず死ぬのです。

🌸🌸散る桜、残る桜も散る桜🌸🌸(良寛和尚の辞世の句)

 

◎世の中の専門家と称される有名な人達(お医者さん、大学教授、作家や芸術家、スポーツ選手や監督、政治家、芸能人、実業家、宗教家、等々)の言葉が書籍やマスコミで大きく宣伝されていますが、著名なお医者さんでも人によっては全く異る処方箋です。

私たちはしっかりとした自分の考えを持って生きて行かないと大変なことになります。

私たちは、玄人ではない”普通の人”が出来る生き方を実践して、

残され時間を「穏やかで、充実した、楽しい老後」にしましょう!

 

”普通の人”と結婚しましたと、よく芸能人が言っていますが、どんな人が普通の人かな? いつも、疑問に思っています。

私も妻も元普通のサラリーマンと元専業主婦。 普通の息子が二人。 (現在、54歳と52歳、既婚)。 今は、孫4人。

正月明けの2日、次男家族4人と食事会。 3日には長男家族4人と食事会。 それぞれ、子供たちがレストランを予約をしてくれました。(食事代は何時もの通り、私達老夫婦が財布代わり。 笑)

 そこで、子供たち全員にお年玉を配り、今回、成人式と誕生日を迎えた孫娘二人には特別増額。 それにしても、成人式の貸衣装代や写真代の高いのにはビックリでした。 

↓昔、私たちの2拠点生活が日経ビジネスに紹介されました。

【プロフイール】

「大月昭和」:大手物流企業に38年間勤務。 単身赴任を含め、十数回の国内各地の転勤と海外出張を経験。 61歳で定年退職。 退職後、ボランティア活動に従事。 NPO法人シニアライフアドバイザー協会理事長。 日本絵手紙協会公認講師。 よみうりカルチャー他、絵手紙教室の絵手紙講師。 金継ぎ、古物商資格あり。 現在、奥信濃きまぐれの宿~風のたより~、房総ながらきまぐれギャラリー~風のたより~を夫婦で主宰。 3拠点生活を実践中。

 「大月ユキ」日本絵手紙協会公認講師。 現在、協会教室、NHK学園、等、多くの絵手紙教室の講師を務める。 テレビ、ラジオ等の出演ーシニアライフ コーディネーター。 日本民藝館、東御市梅野記念絵画館友の会会員。 古物蒐集と鑑賞が趣味。

奥信濃きまぐれの宿~風のたより~、房総ながらきまぐれギャラリー~風のたより~を夫婦で主宰。 3拠点生活を実践中。


きまぐれの宿、懐かしい昭和の竈と風呂などの写真をFacebookにアップしたら、ビックリするぐらいの反応がありました。